小児歯科医の独り言 かみ合わせの悪い子 その3

今日は反対咬合(はんたいこうごう)について書きたいと思います。

俗に言う受け口(うけくち)です。

受け口は上の歯と下の歯が逆に噛みわさって、下の歯が前にでてしまう

かみ合わせのことです。これも以後の成長発育や機能に影響を与えてしまう

ので出来るだけ早期の治療が望ましいと思います。

受け口の子ども達が食事をすると噛む効率が悪くなりますし。飲み込みが

上手でないことが多くあります。また、発音への影響も考えられます。

発音は正常であればおおむね5歳までに成人の発音を獲得しますが、

受け口のままで正常な発音は覚えにくいため、成人になっても滑舌の悪い

しゃべり方を引きずる可能性があります。

治療法はその状態によって様々です。受け口であればまずは歯医者さんに

相談してみましょう。

 


TOP
HOME