小児歯科医の独り言 ー小児歯科専門医とはその2ー

今回は小児歯科専門医の役割について書いていきたいと思います。最初にお断りしておきますが、専門医以外で小児歯科を標榜されている歯科医院を攻撃する意思や否定する意思はありません。生半可な専門医よりも立派なお仕事をされている専門医以外の先生もいらっしゃいます。それに虫歯の治療やフッ素を塗るなどは専門医でなくとも不協力なお子さまでなければ出来ます。では小児歯科専門医とは何なのか?小児歯科の英語表記はPediatrics dentistry小児科の中の歯科です。小児科が他科と根本的に違うのは子どもの発達を診ることです。それと同様に小児歯科は歯科の立場から子どもの発達に責任を持つ科です。つまり小児歯科専門医の役割は歯や歯並びの異常を俯瞰的に診る事で子どもの発達上のエラーを予測し適切な発達を促す事が役割です。歯科的な問題を俯瞰的に子どもの心身発達への影響をを見るには知識もさることながら、長期的に子どもの発達を歯科を通して診た経験が求められます。技術職や専門職に限らず基礎的な知識や技術に裏打ちされた仕事上の経験は自分の知識や技術をオンリーワンなものにしていく経験をされている事を思えばご理解頂けるのではないでしょうか?もう少し具体的に言うと問題に対処する〝引き出し〟が多くなると言っても良いでしょう。子どもを主に診ている歯科医師とそうでは無い歯科医師との差は〝引き出しの数〟ではないかと思います。ですから小児歯科専門医の役割は一般歯科で迷われたり、上手くいかなかった子どもたちの受け皿、言わば二次医療機関的な立ち位置であるべきと思います。医療機関として不適切な表現かもしれませんが、小児歯科専門医にとっての顧客は歯科的問題を抱えた子ども達(僕は家族も対象と思っています。)ですが、子ども達の治療でお困りになっている一般歯科の先生方も顧客の一人と言えるのです。ですから、かみやま親子歯科ではより多くの子ども達に良い歯科医療を提供できるように、お悩みになっている先生方がいればお手伝いしたいと考えております。お力になれることがあれば何なりとお問い合わせ頂ければと思います。


TOP
HOME