当院の消毒滅菌体制

当院では安全な器具を使用することで安心して頂くために、 高次医療機関でも行っている消毒滅菌体制を整えています。

1.器具の消毒・滅菌

  • 恒温槽

    ① 恒温槽を使用した浸漬消毒

    使用した器具は恒温槽で40℃に水温を保った薬液に浸漬します。 薬液は40℃以下では効力を大きく落としてしまうからです。

  • ウォッシャーディスインフェクター

    ② ウォッシャーディスインフェクター

    浸漬消毒を行ったあとウォッシャーディスインフェクターという強力な自動洗浄機を使用し消毒※を行います。

    ※器具に付着した微生物の死滅させるか発育を抑制する事。完全に微生物が死滅することを保証するものではない。
  • 高圧蒸気滅菌器

    ③ Bクラス高圧蒸気滅菌器

    自動洗浄機で消毒した器具はさらに高圧蒸気滅菌器で滅菌※します。当院では高圧蒸気滅菌器の最も厳しい規格と言われているヨーロッパ規格で最も高い滅菌レベルであるクラスBの機器を使用しています。

    ※器具に付着した微生物を完全に死滅させる事。

2.歯の切削器具について

  • 滅菌器具
  • 当院で使用する歯を削る器具はすべて滅菌されたものを使用し、患者さん毎に交換しています。また、患者さんに使用する器具は出来るだけ使い捨てに出来るものを使用し患者さん毎に交換しています。

当院の診査・診断

  • 当院では歯の内部までを見ることが出来る歯科用CTや歯並びの状態を精密に診断するためのレントゲン装置、レントゲンでは診断し難い小さな虫歯を診査する機器などを揃えております。

  • 診査・診断
  • これらの機器を使用することで客観的な情報を集め、できるだけ正確な診査・診断が出来るように心がけています。

小児歯科

1.お口の管理からお子さまの成長を見守る

当院は小児歯科を中心とした歯科医院です。小児歯科とはただ単に子どもの虫歯を治療したり、歯並びの治療をするところではありません。子どもの発育にお口の問題を解決あるいは予防することで貢献するところです。

  • 小児001
  • お子さまの成長発育には栄養を取るためのお口が正常な機能が営めるように維持する必要があります。
    また、成人になっても上手くしゃべられない、食事が上手く食べられないなどの問題は小児期からの発達のエラーである可能性があります。

  • 小児002
  • これらの問題は小児期に適切に対応することで防ぐ事ができる場合があります。 当院ではこれらの発達のエラーを予防したり、早期に発見して対応し成人期に問題を残さないように支援します。 

2.トレーニング

歯科治療が初めてだったり、上手に治療を受けられないお子さまをお持ちの親御さんは、お子さまの今後の歯科治療に不安を感じていらっしゃるのではないでしょうか?当院はその様なお子さまの治療前にトレーニングという方法を用います。

  • トレーニングルーム001
  • 治療に不安を持ったり、治療に恐怖心を持つお子さまを急に治療椅子に入れるとお子さまの多くは不安で一杯になってしまいます。そこで当院では「トレーニングルーム」という一見治療とは関係ない場所から始めます。ここにはお子さまが実際に触れて遊べる治療器具があり、遊びで治療器具に触れることが出来ます。この事でお子さまの治療器具への不安や恐怖心は少なくなります。

  • トレーニングルーム002
  • また、「トレーニングルーム」は外観が刷掃コーナーですのでリラックスしやすい環境です。リラックスしたお子さまは治療者とコミュニケーションが取れ治療への移行がスムーズになります。トレーニングは大人とコミュニケーションが取れる発達年齢(3歳ごろ)に達していれば行うことが出来ます。

親子歯科

当院はお子さまの治療やお口の管理のみならず、ご両親をはじめとした育児に関わる方々のお口の健康も守っていきたいと考えています。特に当院のコンセプトに「おなかのなかから」とあるように、妊産婦のお口のケアはその後のお子さまの発達に関わりのあることから、特に重要と考えています。

  • 親子歯科
  • 妊娠期はお口のトラブルを引き起こしやすい時期でもあり、この時期のお母さまのお口のトラブルはお腹のお子さまに悪い影響を及ぼすこともあるからです。当院はお母さまが安心して出産を終えられる一助として、将来のお子さまの発達に悪い影響を残さないようにお母様のお口の管理をお手伝い致します。

予防歯科

虫歯や歯ぐきの治療は多くの場合、時間もかかりますし、不快な事も多いと思います。また、歯が喪失した場合、生活の質が低下したり、お子さまの場合であれば健全な発育に悪影響を与えてしまう可能性もあります。そのため虫歯や歯ぐきの病気を予防することは重要です。

  • 予防歯科001
  • 一口に予防と言ってもその人それぞれで予防方法は異なります。ただ単純に歯磨きをしているだけではお口の管理が困難であることが多いのです。それは人により歯並びや歯の形、唾液の出具合などが違うためです。

  • 予防歯科002
  • 当院では虫歯や歯ぐきの病気を引き起こすお口の細菌数や唾液の性状を検査し、個々に持たれているお口の機能や形態を客観的に評価することで患者さん個々にあった予防方法をご提案します。

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)

自閉スペクトラム症や脳性麻痺をお持ちで歯科治療が困難な患者さんの歯科治療やお口の管理をお受けしています。当院はお子さまの特性や全身的な問題点を事前に聴取し、保護者の方と相談しながらお子さまに合った対応を行うことで、なるべく意識を無くすお薬を使わないでお子さまが自立的に歯科治療を受けられるようにお手伝いします。また、当院で治療が困難な場合には責任を持って高次医療機関につなぎます。


TOP
HOME